2008年06月13日

ほっとした〜っ×2

ますます最近ぼけてるみたい
ニャミラの書類を申請した時に
支払い方法を指定しないで送りつけてちゃって
気がついて直ぐEメールを送ったけど
その後Macが壊れてメールチェックも出来ない
ただただアメリカから送られてくるのを待つのみ〜ドキドキ
こんな事って過去にもあったんだ
当時はEメールなんて無くて
コンピューターという文明の力が我が家には
無かっただけかも
取り戻しの手続きを郵便局(当時は)でしてもらって
大変で面倒でお金もかかった〜トホホ

じゃじゃ〜〜ん!

れじ1.jpg

ほ〜っとした良かった安心した

れじ2.jpg

最近ペルちゃんキャラ変わった?
意地悪だよね

れじ3.jpg

届いたのはニャミラのチャンピオン申請の書類だったんだけど‥‥
美しいとか以前にキャットショーでの失格ってなぁ〜にか?
『デスキュ』(Dasqualify)こんな言い方するけど

その最たる失格1回注意で即退場になるのは
停留精巣なんだ
前記事のカストラートから引き継ぎやすい話題だね
(?)
狙ってないから

一昔の我が家の子に停留精巣の子がいて
片方の睾丸が腹腔内に停留してしまう疾患で
遺伝的要因が多いけど栄養状態が悪くて発育不全でそうなる事もある
我が家の子は遺伝です父猫がその兆しがあったし
父猫の場合は降りて来たけど片方の収まりが悪いから上に上がっている感じ
その息子は1年待っても降りてこなかったから停留精巣
その従兄弟も父猫と同様で片方が降りて来にくかった何かに引っかかってる感じ
もちろん共に虚勢して繁殖ラインから外しましたよ

その血が何処かで繋がっている子孫は当然
まだ我が家にはおりましてその心配がパンツマンに!

赤ちゃんの陰嚢はペッタンコで何も無いけど
だんだん膨らんで睾丸が陰嚢に収まる
だいたい4ヶ月頃にはちゃんと入ってる!

以来『片金の恐怖』という遺伝に
私は怯えきっていました
そんな訳でちょっとした事でも気になる
あら〜っパンツマンの睾丸なんか丸くないかも
‥‥変じゃない‥‥
気になりだしたら〜気になちゃって
も〜止まらない
1日10回ぐらいチェックしないと〜〜っ
本来パンツマンって凄く抱っこが好きな赤ちゃんだったのに
この何回も受ける睾丸チェックの受難に
(逆セクハラとも虐待ともとれる)
私を見かけると逃げて行く様になり
それでも捕まえて
チェ〜ック!

今は忘れてるとおもうんだけど‥‥
異様に抱っこを怖がる男になってしまったんです
幸い睾丸には全然問題なかっただけどね
トラウマが‥‥
恵まれたパンツマンの息子達に
そんな兆しの子は一人も出てないし
ごめんよ〜パンツマン
おかん.jpg
こんな『片金の恐怖』時代の事も
すっかり忘れていたある日‥‥って
ここ一週間の事
Tomにゃんの金玉あっあれ〜!
チェック開始
晴れ今日確認したら降りてた晴れ
ちゃ〜んとね
ほっとした〜っ
しかも再三のチェックにも私の事怖がらないし
抱っこしてくれ〜とやってくる
Tomにゃん君ってM‥‥

Top Dasqualify にも関わらず
全然気にしないで
停留精巣の個体を繁殖ラインに現役で残している
ブリーダーって
どう云う事なんだろ‥‥
顔(汗)
ファリネッリを超えるカストラートの素質はあっても
スタッドには駄目だよ遺伝するから!

ニックネーム Bluestar at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ■Inheritance and Health■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする