2009年03月21日

ジンガロ BATTUTA by Zingaro

zingaropanf.jpg

観て来ました BATTUTA by Zingaro
やっぱり素晴らしかった

愛しい私のピリンを去年の今日失って
実は私は今も全然立ち直れていない

今年に入ってふっとした事でジンガロを知った
観に行こうか迷いながら
チケットを探しているとキャンセル待ちで祭日のチケットがあった
悪い席ではなかった‥‥
駄目だろうな〜っと申し込むと
チケットが取れた
日付は3月20日‥‥
ピリンの命日の前の日だった
ピリンが旅立つまでのつかの間の時間を過ごした去年の20日
一番辛い日だった‥‥
その日が最後だって事が私には直感的に解っていた
お迎えが来ればピリンは楽になれる
でも‥‥
お迎えが来ればピリンとはお別れ
頭の中で思いが交錯した
この日の公演のジンガロのチケットだった

BATTUTA公演は素晴らしかった
今回の作品BATTUTA
ルーマニアの流浪民ロマにインスピレーションを受けた作品
新境地を目指して力強く生き抜くロマの人々
めくるめく生命の息吹を疾走する馬達に託し
命は生まれ必ず死が訪れる
しかし命は受け継がれ力強く再び新たな新境地に向かって
決して終わる事は無い


力強く馬場を踏みしめ走る馬達の躍動に
命の力強い息吹を感じた
本当に素晴らしかった

今日ピリンの命日に昨日の感動を胸にパンフレットを読んでいた
ジンガロの創立者のバルタバス氏のインタヴューを見つけた
この作品の事が詳しく書かれていた

ジンガロとは彼の愛馬ジンガロの名前だ
ジンガロと共に歩み始めたジンガロ
17年間一緒に歩んで来たジンガロが1999年他界した
1997年からのエクリプス公演中のNY公演を最後に‥‥
その後のパリ公演ではバルタバス氏はジンガロの代役を立てずに
映像でジンガロのシーンを流した‥‥

彼のジンガロへ込めた深い愛を痛い程感じる
彼にとってジンガロは私にとっての
‥‥ピリン‥‥

ジンガロを愛馬ジンガロと友にスタートして20年の歳月が経った
過去に縛られる事無く自由へと原点回帰する
だからこの作品が生まれた

BATTUTAの題材はルーマニアの流浪民ロマ
彼らは新境地を目指して決して過去を振り返らない
ロマには亡くなった人や祖先の名前を口にしないと云う風習がある
彼らは決して過去を振り返らない‥‥

先祖を口にしない風習に込められた真意は
今を生んでくれた先祖を敬う思いが強いからこそ
その魂は受け継がれてい一緒にある融合してしまっている
だから口にする必要も無い
最も深い結びつきに繋がれているから‥‥?

ジンガロパンフ.jpg

これもピリンが虹の橋から送り届けてくれたメッセージなのかな
あまりにも私の心境に符合する
不思議な事だ‥‥

ジンガロパンフ2.jpg



ジンガロはフリージアン種の見事な鬣の青毛の馬
青毛は私の大好きな
サンデーサイレンスと一緒
私は馬のなかで一番好きなのはマスタング
ロシアンブルーとは正反対の野生馬
人と友に生きる事を選ばなかった野生馬
人の手を借りずに力強く生き抜いて来た野生馬
強くて早くて生命力にあふれた馬

■ウマについての説明 Click me

■フリージアン種 Friesian Horse
オランダ・フリースラント原産、輓用、青毛の輓用馬
説明日本語 Click me
説明と写真英語 Click me

■マスタング Mustang Click me
マスタングはスペイン人によって
アメリカに持ち込まれたウマ(アラビア−バーバリ種)が
その地に根ざし自然交配の末に野生馬に戻ったと考えられている

マスタングは有名なシートン動物記にも登場します
ペーシング・マスタング
自由のために走る野生ウマ
シートン動物記
著者シートン Click me


ぽちmini.JPG





ニックネーム Bluestar at 23:05| Comment(4) | TrackBack(0) | ■Pirin■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いくつかの偶然が重なったり、あまりにもタイムリーにことが起こったりすることって確かにあります。それが必然ということなのでしょうね!
こんなにも愛されたピリンちゃん、幸せだったにちがいありませんね。
Posted by まる at 2009年03月24日 00:27
「ジンガロ」って元は1頭の馬の名前だったのですか。
それが芸術の名称になったのですね。
そういう形で魂が受け継がれていくなんて。
芸術は永し・・・。

ピリンちゃんの魂も同じく、みんなと融合されて息づいていますか?
いますね。桜
Posted by ただの人 at 2009年03月24日 21:13
☆まるさん
そうなんです
偶然なのか必然なのかって思う事
人生にはありますよね
不思議です
Posted by ☆まるさん at 2009年03月25日 02:29
☆ただの人さん
生まれて来る赤ちゃん達の中に
ピリンの面影をみつけると
一緒に居るって思います
馬達と騎手達のアクロバットの様な乗り方も素晴らしかったけれど
生演奏のモルドヴァ・ブラスもルーマニアの管弦楽団も
とっても素晴らしかったです
ステレオで左に管弦楽団右に吹奏楽のブラスバンドで
違う曲を一緒に演奏したりして
馬も黒と白が陰陽マークの様にくるくる走るなど
も〜また行きたいって思いました
Posted by ☆ただの人さん at 2009年03月25日 02:34
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1685028
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック